Japan Council on the Teaching of Foreign Languages

シンポジウム 第7回外国語教育の未来を拓く:多文化共生のための多言語・複言語教育

申し込みはこちらから
実施要項はこちらから

日時:2019 年3月10日(日)10:00~17:00
会場:上智大学四谷キャンパス6号館 http://www.sophia.ac.jp/
主催: 一般社団法人日本外国語教育推進機構(JACTFL)
上智大学国際言語情報研究所(SOLIFIC)

【午前の部】
◆基調講演◆ 亀山 郁夫(名古屋外国語大学長)「人生百年時代」の外国語教育


【午後の部】
◆パネルディスカッション◆ 教師ネットワークは多言語教育推進にどう関われるか
-韓国とアメリカの事例に学ぶ-
鄭 灐 (チョン・ヒョン)(韓国外国語教育正常化推進連合 常任代表)
林 昇圭(イム・スンギュ)(韓国外国語教育正常化推進連合 副代表)
當作 靖彦(カリフォルニア大学サンディエゴ校教授)


◆分科会◆
分科会1:教師ネットワークは多言語教育推進にどう関われるか-JACTFLのこれまでの成果と今後の可能性-

発表:文部科学省委託「グローバル化に対応する外国語教育の推進」事業
-大阪大学/慶應義塾大学/名古屋外国語大学
-実践報告
フランス語の例 櫻木千尋(カリタス女子中学高等学校)
ロシア語の例   横井幸子(大阪大学)、永沼栄理子(関東国際高等学校)

 

分科会2:実践報告 (1)
杉江 聡子「中国語シニア学習者と留学生の国際世代間協働によるキャンパスガイド作成」
清水 まさ志「動画とYoutubeを用いた「学び」の共有と発信―宮崎大学フランス語科目の実践―」
粕谷 雄一「英語教育と複言語教育の一体化」

分科会3:実践報告 (2)
吉川 明希「e-learning教材の18年間―ITの利用術を語学教材のためにまだまだ議論しませんか?―」
米本 和弘「日本語話者はどのような経験をし、何を語るか—日本語話者の多様性理解のためのリソース開発の試み—」
岩居 弘樹「看護系大学における『複言語学習のすすめ』の試み」
臼山 利信、松下 聖、菅井 健太、ツィガルニツカヤ・エレナ「大学の世界展開力強化事業(ロシア)『ロシア語圏諸国を対象とした産業界で活躍できるマルチリンガル人材育成プログラム(筑波大学)』の成果と課題」

申し込みはこちらから

————————————–

JACTFL第4回ワークショップ「複数の外国語を学ぶ意義をアピールする」は2018年11月25日に開催され、熱心な議論が行われました。ありがとうございました。

詳細はこちらから

————————————–

第6回シンポジウムは2018年3月11日上智大学6号館で開催され、130名のみなさまにご参加頂きました。ありがとうございました。
次年度は3月10日(日)に同じ場所で開催予定です。

 

本年度ポスターはこちらから
実施要項はこちらから
事業報告はこちらから
————————————–
JACTFLは会員のみなさまの会費で運営されます。たくさんのみなさまのご入会をお待ちしています。

 

入会は入会手続きからお手続きの上、ご入金ください。

Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.