以下の通りJACTFL主催の講演会を開催します。
申込のリンクから出席の登録をお願いします。
非会員の方もお誘いあわせの上、是非ご出席ください。
ポスターはこちら

題名:講演と対談「多言語・多文化共生とは?」
主催:日本外国語教育推進機構(JACTFL)
共催:慶應義塾大学外国語教育研究センター
日時: 2019年11月10日(日)14:00-17:00(13:00開場)
講師:トニー・ラズロ氏、ハルペン・ジャック(春遍雀來)氏
題名:講演と対談「多言語・多文化共生とは?」
会場: 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎大会議室
参加費:無料
定員:100名(先着順 お早目にお申し込みください)
申込:http://bit.ly/30UxXpg

詳細:
ポリグロット(多言語話者)としても著名なお二人の講師を招き、多文化共生や多言語学習をテーマにお話を伺います。
●トニー・ラズロさん(フリージャーナリスト)
「多言語多文化共生の日常― 我が家の場合」
ハンガリー人の父とイタリア人の母の間に生まれ米国で育ったトニーさんは、自他ともに認める語学好きでポリグロット。1985年より日本を拠点として、ライター活動開始。小栗左多里さんの漫画『ダーリンは外国人』シリーズのダーリンとしても人気を博している。中学生になった息子さんを含めトニーさんのご一家は、日常生活が多言語・多文化そのもの。身近なところから話題にしていただき、多言語
多文化共生とはどういうことか、私たちはどう受け止め対応していけば良いのか考えるきっかけにしていきたいと思います。

●ハルペン・ジャック(春遍雀來)さん 日中韓辭典研究所(CJKI)取締役社長
「多言語がつくる豊かな人生― 多言語学習の秘訣」
ドイツ生まれのユダヤ人。イスラエル、フランス、ブラジル、
アメリカ、日本の6カ国に移り住み、英・日・ヘブライ、イディッシュ・葡・西・独・中を始めとする15カ国語を習得した。イスラエルのキブツで出会った「漢字」に魅了され、漢字の謎を解くべく家族と共に1973年に来日。以来日本に在住し現在に至る。その間に漢字を体系的に学ぶ方法を考案、外国人向けに『新漢英字典』(研究社)や『講談社漢英学習字典』、『漢字学習辞典エスペラント語版』(日本エスペラント協会)を編纂。国内外で数多くの講演、論文発表、執筆活動を行う一方、趣味である一輪車の普及にも貢献し、日本一輪車協会の常務理事を務めた他、国際一輪車連盟の創設者でもある。
ーーーーーーーー
11/10 14:00~17:00 慶應義塾大学(日吉)
14:00 開会
14:05~14:55  トニー・ラズロさん
14:55~15:05  質疑応答
15:05~15:55  ハルペン・ジャックさん
15:55~16:00  質疑応答
休憩
16:10~16:40  対談
16:40~17:00  質疑応答