日時:2014年10月11日(土) 13:00〜16:30
会場:札幌大谷大学 中央棟4階 響流(コール)ホール
講師:當作靖彦カリフォルニア大学サンディエゴ校教授
主催: 公益財団法人国際文化フォーラム、実用英語教育学会(SPELT)、国際教育活動ネットワークREX-NET
協力: 高等学校中国語教育研究会北海道支部
参加費ほか:ワークショップ:1,000 円(SPELTおよびREX-NET会員はワークショップ参加費無料)
懇親会:2,000円 *当日、受付にてお支払いをお願いします。
募集人数:小・中・高校・大学で外国語を担当されている先生がた 60名(先着順)

今言語教育において、どのように効果的なパフォーマンス評価をデザインし、どのように学習者に評価のフィードバックを与え、学習を促進するかを考えます。また、テストの実例を検討したり、実際に自分のクラス活動の評価活動を作りながら、自分のクラス活動の目標は何なのか、その目標達成を調べる評価ツール、評価方法はどんなものか、評価とクラス活動をどのように結びつけ、学習効果を上げるかを考えます。

ワークショップの詳細、申し込み方法等は下記サイトをご覧ください。

http://goo.gl/x4eJMs