第6回「エスペラントの日」記念公開講演会のご案内

  一般財団法人日本エスペラント協会では、国際共通語エスペラントの普及活動が日本国内で本格化した、1906年6月12日(日本エスペラント協会創立日)を「エスペラントの日」と定め、記念行事を行ってきました。今年は6月21日(日)14:00より第6回「エスペラントの日」記念公開講演会として以下の2講演を行います。

田中克彦氏(一橋大学名誉教授)
  「言語学はエスペラントをどう扱ったかー大島義夫の忘れてはならない功績」

ビル・マク氏(京都大学人文科学研究所/白眉センター准教授)
  「梅棹忠夫の足跡」 (用語:エスペラント、通訳付き)

詳細はこちらから