慶應義塾大学外国語教育研究センター
科学研究費助成事業 「一貫教育における複言語能力養成のための人材育成・教材開発の研究」主催
国際ワークショップ
「Awakening to Languages: Activities that go well with CEFR Companion Volume?
(言語への目覚め:CEFR補遺版に添う活動か?)」
日時: 2019年 1月 12日 14:00〜17:30 January 12th , 2019
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス第三校舎 327教室 #3rd Building, Room 327 Hiyoshi Campus, Keio Univ.
講師: Prof. Rosanna Margonis-Pasinetti and Prof. Chiara Bemporad
対象:複言語教育にご興味のある教職員・学生・一般の方
定員: 30名 参加費:無料(事前申込要)
お問い合わせ・お申し込み:http://www.flang.keio.ac.jp/news-event/event/

概要
言語への目覚め活動は多元的(複元的)アプローチの一つであり、学習者の生活環境や家庭における言語そして世界中のあらゆる言語を排除すことなく、複数の言語変種を一度に扱う学習活動を指します。それは、主として学校教育の初期段階の子どもたちに社会の言語的多様性や自分自身の中にある言語の多様性に触れさせる方法として設計されましたが、学校教育全体を通じて彼らの言語学習を支えるものとしても促進されうるアプローチです。
このワークショップでは、参加者のみなさんに、言語への目覚め活動や教材を実際に体験していただきます。それによって、言語への目覚めとは何か、またご自身の授業でどのように実践できるのかがご理解いただけることでしょう。
ワークショップでの使用言語は主に英語ですが、皆さんはご自身の複言語能力を活かし日本語、フランス語、ドイツ語、イタリア語などの使用も結構です。仲介やトランスランゲージングを歓迎し、多言語共同体での「本当の」コミュニケーションを経験してみましょう。

詳しくはこちら