□【お知らせ】マノスク国際学校について
〔研究開発局研究開発戦略官(核融合・原子力国際協力担当)付〕

 文部科学省では、エネルギー・環境問題の解決が期待される核融合エネルギーの実現に向け、ヨーロッパ・アメリカ・ロシア・中国・韓国・インドと協働で南フランスに実験炉(ITER)を建設しています。マノスク国際学校は、そのITERで働く職員の子弟の皆さんが通う学校で、フランス語と日本語等の母国語で授業がなされています。学校には幼稚園部・小学部・中学部・高校部があり、現在約20名の日本人児童生徒が在校しています。学校の詳細や教材支援、補助教員の派遣等について、関心がある方は下記お問合せ先まで御連絡ください。

※詳細はこちら
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/iter/021/005.htm
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/world_school/05europe/sch5360002501.html

(お問合せ先)
研究開発局研究開発戦略官(核融合・原子力国際協力担当)付 ITER担当
電話:03-5253-4111(内線4559)