「多言語記述のための主観性シンポジウム ―日本語・中国語・英語から見る言語の主
観性―」

ポスター

日時:2013年12月8日(日)10:00~18:00
会場:筑波大学 筑波キャンパス 共同利用棟A203

プログラム:
10:00 趣旨説明 小野正樹(筑波大学)
10:30 講演 「日本語のダイクシス表現と視点、主観性」
   講師:澤田淳(青山学院大学)
11:30 全体討論会
14:00 講演 「言語使用の三層モデルと主観の客体化」
   講師:廣瀬幸生(筑波大学)
15:30 ラウンドテーブル
   司会進行:佐々木勲人(筑波大学)
   話題提供者:彭広陸、于栄勝、趙華敏、李奇楠(北京大学)
17:15 全体会・総括 沼田善子(筑波大学)

主催 筑波大学プレ戦略イニシアティブ「日本語日本文化発信力強化研究拠点形成」

共催 平成25年度人文社会系プロジェクト「日本語・中国語の主観性に関わる記述的研究」(代表 小野正樹)
基盤研究(C)「中国東南方言におけるヴォイス構文ネットワークに関する研究」 (代表佐々木勲人)
基盤研究(C)「日本語の配慮表現に関する学習者コーパスの作成と対照研究」(分担 小野正樹)
筑波大学中国事務所
筑波大学「地域研究イノベーション学位プログラム(ASIP)」

問い合わせ先:小野正樹(筑波大学 人文社会系)
ono.masaki.gaアットマークu.tsukuba.ac.jp

来聴歓迎