第40回メディアとことば研究会

1 日時:2013年6月8日(土)12:30受付開始

2 場所
慶應義塾大学(三田キャンパス)
研究室棟1階 B会議室
http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html

3 内容
1)発表者:白井宏美(慶應義塾大学)、白井研究会メンバー
  ゲスト:榎本祐紀氏(「人志松本のすべらない話」編集者)
  コメンテーター:榎本美香氏(東京工科大学)

2)タイトル&キーワード
「テレビメディアにおける出演者と編集者の共犯性-「人志松本のすべらない話」のデータセッション-」
キーワード:共犯性、テレビメディア、編集、職人知

3)要旨

「すべらない話」はなぜすべらないのか。萩原・白井他(2013)では、「すべらせない」ために笑いのプロである出演者が互いに共犯関係の中で物語りを作り上げる仕組みを示した。「共犯性」とういう概念により会話の展開を見ようとしたのである。しかし、テレビメディアという特性から、編集を無視することはできない。

編集がどのように行われているのかについて知りたいと考えていたところ、この度、白井研究会では「人志松本のすべらない話」の編集を一手に担っていらっしゃる榎本祐紀氏にインタビューを行うことができた。今回は、このインタビューから分かったことを報告し、実際に映像を見ながらデータセッションを行う。
編集者榎本氏の暗黙的な職人知に迫り、「すべらない話」が出演者と編集者の共犯性によって、どのように創作されていくのか、その仕掛けを読み解いてみたい。

4 参加費:無料

5 スケジュール:
12:30   受付開始 
12:45-12:55  総会 
13:00-13:10  会の説明、発表者紹介
13:10-15:00  発表、データセッション(1時間50分)
15:00-15:10 休憩
15:10-15:20 自己紹介
15:20-16:00 ディスカッション
16:00     お知らせ

16:30~    懇親会(茶話会)

************************************

ご興味のありそうな研究仲間や、知人、御所属のMLなどにお知らせいただけたら幸いです。

研究会後には、発表者を囲んでの参加自由の懇親会(茶話会)を開きます。
ふるってご参加ください。

○参加ご希望の方は、

メディアとことば研究会事務局(medialalala**gmail.com)(**のところを@に変えてご送信ください)まで、

・お名前
・ご所属
・懇親会参加の可否

をお知らせくださいますようお願いします。

会場でお会いできるのを楽しみにしております。 
—————————————————————————-

メディアとことば研究会
世話人 岡本能里子