Japan Council on the Teaching of Foreign Languages

シンポジウム(2021年3月14日(日))(オンライン開催)

  • HOME »
  • シンポジウム(2021年3月14日(日))(オンライン開催)

2021年3月14日(日)第9回JACTFLシンポジウム(オンライン開催)

延べ200名を超える方にご参加頂き、ありがとうございました。

参加申込:こちらからどうぞ
実施要項:こちらからどうぞ

第9回JACTFLシンポジウム
外国語教育の未来を拓く:
世界とつながる複数外国語教育の展望

日 時:2021年3月14日(日)12:30~18:00
会 場:オンライン(Zoom)
主 催: 一般社団法人日本外国語教育推進機構 (JACTFL)
上智大学国際言語情報研究所 (SOLIFIC)
後 援:文部科学省、外務省、東京都教育委員会

【第1部】
挨拶    山崎吉朗(JACTFL理事長)
小野 賢志(文部科学省 初等中等教育局 情報教育・外国語教育課 外国語教育推進室長)
基調講演  施 光恒(九州大学教授)「多言語学習と多元的世界」

【第2部】
特別企画  コロナに負けない高校生達の若き取り組み
「東京都立北園高等学校」 ドイツ語
「関東国際高等学校」 韓国語・インドネシア語
「北海道札幌国際情報高等学校」 ロシア語
「カリタス女子中学高等学校」 フランス語

【第3部】
研究発表 「世界とつながる複数外国語教育の展望を実現する多様な実践報告」
◆分科会1 オンライン授業の実践について
「ハイフレックス型国際協同学習のデザインと学習成果-アイヌ文化の展示解説を事例として-」 -レジュメ-
「多様なスペイン語話者・学習者と繋がる活動-留学希望学生のためのオンライン講座での試み-」 -レジュメ-
「ドイツ語オンライン授業-大学教員の悪戦苦闘-1年間を振り返って」 -レジュメ- -発表資料-
「Flipgridを活用した日露オンライン相互学習の試み」 -レジュメ-
「Google フォームとZoomを用いた日仏学生交流の試み」 -レジュメ- -発表資料-

◆分科会2 多言語・複言語教育について
「外国語学習の継続について-高大接続と学習者の意識から-」 -レジュメ-
「高等学校における多様な言語学習機会の地域差(手話・点字・方言等を含む)-卒業論文経過報告-」 -レジュメ(改訂版)-
「学校設定科目「スペイン語」を立ち上げるまでの過程」 -レジュメ-
「外国語教育における3つの資質・能力とパフォーマンス評価-高大協働による取り組み-」 -レジュメ-
「大学での「多言語活動授業」の試み-複数の言語に触れることで得られたこと-」 -レジュメ-

分科会発表申し込みについて

2021年3月14日(日)開催のシンポジウムにおいて、分科会の研究発表を募集します。
例年は上智大学にて開催されてきたシンポジウムですが、今年度はオンラインでの開催となります。
発表申込は締切済み。

内容:外国語教育、特に多言語、複言語教育等に関する特色ある取り組みを紹介する
<予定>
1.分科会(1)小学校、中学校 (2)高等学校、大学等高等教育機関の2分科会を予定
2.発表時間: 質疑応答含めて30分
3.申し込み:発表申込のリンクから、氏名、所属機関、希望分科会、発表題名と概要(200字以内)
を明記してください。
4.申し込み締切:1月8日(金)

なお、発表者は原則としてJACTFL会員とし、申し込み多数の場合は理事会で選考します。
詳細は、昨年度のプログラムを参考にしてください。

第3回オンラインシンポジウムを開催しました(2020年12月20日)

くわしくはこちら

第2回オンラインシンポジウムを開催しました(2020年9月5日)

くわしくはこちら

第1回オンラインシンポジウムを開催しました(2020年7月5日)

くわしくはこちら

過去のシンポジウム情報

くわしくはこちら

Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.