Japan Council on the Teaching of Foreign Languages

関西大学理事長芝井敬司先生講演会

延べ110名を超える方にご参加頂き、ありがとうございました。

JACTFL特別講演会
「日本の大学教育の未来を考える -「大学入試のあり方に関する検討会議」の議論から-」

開催日時:2021年10月9日(土)15時00分~16時30分
費用:無料
講演者:芝井 敬司(関西大学理事長)
講演題目:「日本の大学教育の未来を考える -「大学入試のあり方に関する検討会議」の議論から-」
会場:Zoom
参加希望の方はこちら(要申込 先着300名)
資料はこちら
・もし、講演会前日の10月8日(金)になっても案内がメールで届かない場合は、事務局までご連絡くださいますようお願いいたします。
主催:一般社団法人 日本外国語教育推進機構(JACTFL)

関西大学理事長芝井敬司先生の講演会を開催致します。

芝井敬司先生は、文部科学省の「大学入試のあり方に関する検討会議」の委員として、英語以外の外国語教育の重要性、英語偏重の問題点、多文化の重要性について何度も発言されました。英語偏重に凝り固まった委員会で、まさに孤軍奮闘での発言でした。
議事録の残る文部科学省の会議で、ここまで英語偏重の問題点、複言語・多言語教育の重要性を発言された委員は初めてだったと思われます。
文字通り四面楚歌の状態でも一歩も引かずに発言された内容などについて、まとまった形でご講演頂きたいと考え、今回の講演会を企画しました。題名は、「日本の大学教育の未来を考える−「大学入試のあり方に関する検討会議」の議論から−」として頂き、まさにこちらの意図に沿った内容となっております。

多くの方の参加を願っております。改めて、英語偏重の問題点、複言語・多言語教育の重要性についての共通理解を深めたいと思います。

プログラム予定
15:00~15:15
挨拶と開催趣旨説明 山崎 吉朗(日本外国語教育推進機構理事長)

15:15~16:15
ご講演 芝井 敬司(関西大学理事長)

16:15~16:30
質疑応答

参加希望の方はこちら(要申込 先着300名)

————————————————————

過去の記録

延べ240名を超える方にご参加頂き、ありがとうございました。

JACTFL特別講演会
「CEFRとCARAP (FREPA)  - AI時代に求められる教授法、それは文法・訳読式教授法 -」

開催日時:2021年6月27日(日)14時00分~17時00分
費用:無料
講演者:大木 充(京都大学名誉教授)

講演題目:「CEFRとCARAP (FREPA)  - AI時代に求められる教授法,それは文法・訳読式教授法 -」
会場:Zoom
参加希望の方はこちら(要申込 先着300名)
・もし、講演会前日の6月26日(土)になっても案内がメールで届かない場合は、事務局までご連絡くださいますようお願いいたします。
主催:一般社団法人 日本外国語教育推進機構(JACTFL)

大木充先生による特別講演会「CEFRとCARAP (FREPA)  - AI時代に求められる教授法、それは文法・訳読式教授法 -」を開催します。

2部構成で行います。

第一部 CEFR再入門と再評価

クイズ形式でCEFRの解説をしながら,同時に評価するべき点,問題点を見ていく

第二部 CARAP(FREPA)とAI時代に求められる教授法

CEFR は、複言語主義教育を唱道しながら、十分に展開していない。それを補っているのがCEFRの増補版でも参照することを求めている「言語と文化の多元的アプローチのための参照枠」(CARAP・FREPA)である。そこで提案されている複言語主義教育は、AI時代に求められているものであり、わが国で長年行われている文法・訳読式教授法による教育と共通点がある。

プログラム予定
第一部 14:00~15:45 CEFR再入門と再評価
休憩 15:45~16:00
第二部 16:00~17:00 CARAP(FREPA)とAI時代に求められる教授法

多くの方々に御参加いただけると、幸いです。

————————————————————

延べ150名を超える方にご参加頂き、ありがとうございました。

JACTFL特別講演会
「子どもの頃から体験してきたコミュニケーションの曖昧性と大切さ」

開催日時:2021年3月28日(日)15時00分~16時30分
費用:無料
講演者:吉田 研作
講演題目:「子どもの頃から体験してきたコミュニケーションの曖昧性と大切さ」
会場:Zoom
参加希望の方はこちら(要申込 先着300名)
もし、講演会前日の3月27日(土)になっても案内がメールで届かない場合は、事務局までご連絡くださいますようお願いいたします。
主催:一般社団法人 日本外国語教育推進機構(JACTFL)

2021年3月28日(日)に吉田研作先生による特別講演会「子どもの頃から体験してきたコミュニケーションの曖昧性と大切さ」を開催します。

JACTFLの副理事長でもある吉田研作先生は、常に日本の英語教育の中心におられ、「英語教育の在り方に関する有識者会議」など、中教審の多くの部会で座長を務め、様々な分野で日本の英語教育を牽引して来られました。JACTFLの創設にも多くの力をお貸し頂き、発展に寄与して頂きました。

その吉田先生が、この3月で上智大学を退任されます。これからも日本の英語教育、外国語教育の牽引者の役割は変わりませんが、次のステップの前に、JACTFLでは講演会を企画しました。

吉田先生はこれまでにもたくさんの講演をなさっていますが、今回は、英語教育、外国語教育の話に留まらず、雑談風のくだけた話題も入れて頂くことをお願いしています。その為に、題名に「英語」や「外国語」が入っていません。
これまで聞く事が出来なかった話題に、ぜひ御期待ください。

多くの方々に御参加いただけると、幸いです。

Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.